産後、薬さえきちんと飲めばしっかり影を潜めていた持病が6月中旬から症状悪化。
妊娠出産のときに薬が変わる人が多い病気のせいか症状が悪化する人と、なぜか症状が軽減する人もいるみたいで私はどうやら後者だったみたい。にしても出産後1年3カ月経ってから症状が戻るなんて、ちょっとショック。というのも寛解したのでは!?と少し期待していたからね。
産前はプログラフという非常に高価で強い薬を飲んでいたのだけど妊娠中は飲めない薬なので妊娠中はステロイドを増量することで代替、産後はアザルフィジンという効果が弱いものとステロイド3mgで様子を見ていた。というのも次の妊娠を希望していたから。
気温の寒さや気圧、疲れや寝不足具合で症状の重さが変わるのは元からなのだけど、やはり10kg突入した息子の抱っこは関節にかなり負担がかかっているみたい。せめて抱っこの回数が減るまで第二子の妊娠は止めたほうがいいのでは、ということになった。
春先に仕事を始めたいと家族内でひと騒動起こしていたけど、もし仕事に出ていたら迷惑どころじゃない事態だった。
これを機に、もういちど自分はどのように生きていくか考えなければいけないな、と振り出しにもどったかんじです。

                  • -

というわけでというわけでもないが、息子もだいぶ人間らしくなってきて今までみたいに家事しながら子どもをあやす〜っていう生活もお互いのためによくないので、カリキュラムを作って過ごすことにした。
児童英語指導者の資格はあるもののこの自分が小学校で教えることはまずないだろうなと思っていたが、先日更新料を払って資格更新もしたことだし日の眼を見ないよりは...程度に。
Sight Word Readers: Learning the First 50 Sight Words is a Snap!
Jolly Songs (book and CD): in Precursive Letters (BE) (Book & CD)
Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? (Brown Bear and Friends)
そして一か月後には教育ママブログになっていたりして…

                  • -

先日集めると言っていたマジョリカマジョルカの限定アイシャドウパレット。コンプリートはたぶんナシ…伸びも悪いし発色も最初こそ良いけどすべてにおいて安かろう悪かろう。けど楽しい買い物だったから良しとして使い切る。