相変わらずの日々を過ごしています、夏。

                  • -

長子の子育てはとにかく必死というのが自分の身になってひしひしと分かった。がんばっているいない、とかそういうのとも違う意味で。
自分も長子なので、そんな私に対して母親はずっと「とにかくだめ」「余計なことをするな」という姿勢できたしそれは今31歳の私に対してもいまだに同じ。それを恨んだこと何十回。
でも今なら分かる、ひたすら心配なんだよね。そして外の世界に出ないと客観視できなくて親子共倒れになるな、と。
子育てサロンのボランティアさんのこどもへの接し方や、子どもが2,3人いる同年代の母親の振舞いは勉強になる。放っておくポイント、フォローするポイントの抑え方が絶妙。
人って親になろうとも(←いまの自分ね)真似る事の繰り返しなのかと思いながら、人生2回目やり直してる気分 笑

                    • -

そんなわけで2番目の子(男のこ)が私の息子と同じ1歳のお母さんが「上は女の子だったからというのもあるけど1歳頃に泥遊びさせなかったんだよね。でもいまになって後悔してる。思いっきりさせてあげるといいよ」とアドバイスしてくれたので来週から砂場道具用意してみます。
てっきり泥遊びってもっと大きくなってからやるものかと思っていた。早速そのお母さんがそう教えてくれて砂場道具貸してくれたのだけど、息子も慣れてきたら嬉々として参加していたのを見て1歳4カ月の子がすでに砂と水で遊びたがることは自分の経験と判断だけじゃ気付けなかったな、と反省…
最初は手についた泥をとってくれと手を汚すことに慣れない息子が戻ってきてはいちいち拭わされたけど...
それはそうと私の洋服も総入れ替えしなきゃいけないという予想外の楽しみができました・・・最近、年齢に不相応承知でジルスチュアートの服ばっか引っ張り出して着てたんだけど泥遊びに付き合える服じゃないからもうだめだわ。かと言ってカジュアルとかスポーティーな服は持ってないので、服の系統を変えるきっかけとして良い言い訳になるのでちょっと嬉しい。