一年以上夫の昼の一時帰宅がストレスだったけどいつの間にか慣れてしまった。
夫は基本外食嫌いな人だから往復2時間かけて家に帰って昼食をとる。となると私は一日中2〜3時間おきに台所に立つ生活を送ることになり一時もう離婚したいとまで思っていた。けどそんなことで離婚する人とか聞いたことないしね。
”まあ外食はある程度お金出さなきゃそれなりの食材で食事することになるから家のほうが安心だ”と無理やり自分を納得させていたはずが今では私までちょっと神経質なくらい産地など気にするようになってしまい結果保存食やらも自分で作らないと気がすまなくなるという今に至る。ミイラ取りがミイラに状態。
2歳4ヶ月になった息子、彼のパワーの限界が見えずこれで第二子目を妊娠したらつわりやら切迫になったらどうなるのだろうと。加えて自分のキャパシティ的に一人が限界なのではと最近は妊娠に消極的になっていたのだけど、先月私の主治医から夏から秋までの休薬・妊娠許可が出たので覚悟を決めなければいけない。前は自分の下す決断に過ぎるほど自信があったけど最近はどなたか私を正しい答えに導いててください、という他力本願の姿勢が自分でも悲しい。
とはいえ毎日元気に過ごしている。

          • -

メイクまで最近事なかれ主義だった…2014年上半期はスキンケアの当たりが多かったかな!
Kiehlsのスキンケアをラインで使ってみてどれもよかった。

絶妙な保湿具合。夜は洗顔後すぐ美容液を入れるのでなかなかこの化粧水が減らなかったけど、朝はこちらにBBクリームで十分でした。トロミ化粧水にありがちな馴染みの悪さもなくgood。ただ原材料臭というのかな、匂いが微妙。キールズは香料を盛るというブランドじゃないので仕方ないけどそれだったらヴェレダの化粧水にグリセリン足して使えば用が足りそうなので、この化粧水のリピートはなし。夜用美容液。三度の飯よりラベンダーが好きな私はこの香りだけで嬉しくなるし肌の状態を選ばずに使える万能美容液。
[rakuten:netcosme:10012184:detail]
朝、昼に使用。美白美容液でダントツよかった。最近はクラランス(これはイマイチ)トランシーノ(良かった)ときてキールズ圧勝というかんじ。使い始めたときに肌のくすみが抜けて感動しました。2ヶ月で使い切るのが理想みたいだけど4ヶ月近く持ってしまった。
[rakuten:cosmetic:10001416:detail]
よく美容雑誌に出てるクリーム。これも化粧水と同じで派手な効能はないのだけど使いやすい。毎日使っているといつも肌を同じコンディションにしてくれるの。でも使っていてときめきがないのでリピートなし。良い商品だとは思う。
キールズのBBクリームも使ったけど油分が多すぎ&カバー力がないので失敗。
[rakuten:cosmelink:10017946:detail]
マルチオイルです、髪にも体にも顔にも使える。フランスの家庭でとにかくどこでもこれがあったので気になっいたのだけど納得。香りがまず良い。ジャスミンなのかな、花のような石鹸のような素晴らしい香りなの。ちょっとエキゾチックで。オイル自体はサラッとしていて、肌馴染みが良い。慣れもあるかもしれないけど肌の弱い夫が顔に使っても大丈夫だったし刺激やクセのないオイルだと思います。素足を出すときや夜のお出掛け(そんなお呼ばれ当分ないが・・・)の時は、
[rakuten:maison-de-cosme:10003081:detail]
ラメ入りの方を使ってみたい。

一方メイクはほんと改革がなかった。化粧は内面を表しているとよく言うけど本当だね。
BBクリーム(キールズ、ドクターシーラボ)、ローラメルシエのルースパウダー、M・A・Cのチーク(ウェルドレスかラブクラウド)、ちふれのピンクのリップライナーでリップラインをとり、ディオールのマキシマイザー(唐辛子成分入ってる)のグロス塗って終わり。
自分で書いていてもつまんないメイクだなと思う。
この夏はM・A・Cのハイライト(ライトスカペードかソフト&ジェントル)と、
[rakuten:retailer:10019714:detail]
[rakuten:netcosme:10006645:detail]
シュウウエムラのペンシルのコンシーラー、ジルかシャネルのクリームアイシャドーを買って彩がほしいな。