社会復帰としてのラジオ体操

近況、昨日から息子が幼稚園に通い始めました。朝9時に登園し昼食をとって14時くらいにバスで帰宅。
来春から入園する幼稚園がそういう試みをしていたの。
年少の入園までは国から補助が出ないのでちょい高いけど、自営でありながら正式には私を社員扱いとしていない我が家にちょうど良い。
というのも2歳男児のおパワーすごすぎた。子育てナメてた。
家事しながら旦那の仕事手伝って午前午後4時間外遊びしないと息子のパワー切れにできない生活、春夏はなんとかイケたけど中度のリウマチ持ち33歳にとって寒さ大敵な冬は無理すぎだと途方に暮れていたところにフライング入園の枠空いたお話を聞いた時は神のお告げかもと思いました。
が、世の中には夫婦で自営をやってのけて家事に2人3人の育児をするスーパー母親も存在するわけで、ほんとそういう話を聞くと頭が下がる。自分は今秋までが体力・精神力の限界だったので。
初日の送りで別れる時に息子は園のブロックと電車のオモチャに突進して夫と私に見向きもせず、迎えに行った時もまだ帰りたくないと泣き、その晩は「幼稚園行く〜」だのなんだの激しい寝言を繰り返し本日2日目も朝5時半に起きて早く幼稚園へと急かされれ…そんなに自分の家イヤですかと聞きたい。
私自身は今年の春まで続いていたジム通いも時間を捻出できず退会しており、せっかく戻った体型がまだ産後に戻りそうだったのでなんとかせねばと考えて行き着いたのはラジオ体操でした。

もちろん第二もやるヨ。
私の祖母が2ヶ月やり続けて3kg痩せたと聞いてこれはやらないわけにはいかないでしょと。
子供の頃はこんな負荷のない体操の何が体に良いのか?と謎だったけど、今やるとそんなに早く腕やら腰やら回せませんしとなった。一週間続いている今はお手本についていけるようになったのでどうか現状維持で…