私の悩み

実生活で友達に話せるグチではないのでここに書かせてください…
ここまで書いておいてなんですが義家族は皆やさしい。
まず義兄。実は滞在中の彼の精神的コンディションはすごく悪くて、義両親や夫(弟)どころか彼女にまでぞんざいな態度だった。しかし当然空気を読めない約1名の我が息子が「D〜、D〜。Ca vas ?」と寄っていた時も応える気力もないだろうに無視は絶対しない。それどころか義兄の前を息子がチョロチョロ通るたびに頭を撫でたりキスしたり。
私の子に優しくしてくれたから良い人だと言いたいのではなく、自分がピンチで余裕がない時でも事情がわからない者(子供やお年寄りや外国人)にやさしくできる人というのは出来た人だと思うんだ。
義母は私や実母のようなせっかちさがない 笑 せっかちって要は自己中心的ってことだし直すのがとても難しい。だからせっかちじゃない人を私はとても尊敬する。義母から見て義兄(夫の祖父の弟)と義父(夫の父)の介護をしていてそのストレスからしょっ中落ち込んだりイライラしていたけど、彼らを施設に入れるとなると自分を責めてしまうようで、葛藤するその姿をみて今回すごく考えさせられた。少子化の心配はないフランスでも介護問題があるのは日本と同じ。子がいても皆介護したがらず特定の誰かの荷になっているのも同じ。
義父はまだ若いけどアルツハイマーで、夫や義母は大変そうだった。が、やさしいのは元気な時のまま。
私が不満に思っているのは我が夫に対して。
フランスに住む義家族と生活習慣が違うのは当然だから、違和感は多かれ少なかれお互いさま。だからそれは結構どうでもよくて、問題は滞在の時はとにかく家に泊めたがる、泊まりたがる自分の夫。
義家族が日本に滞在するときもそうだけど、一回の滞在期間が長いから泊める方も泊まる方もストレスが発生。
婚姻でできた家族の付き合いは長い。だからほどほどにってすごく大事だと思う。
なのに、夫は家族だから問題ない、とかお金がもったいないという理由でホテルを嫌がる。
今回も、義母は私たちが長期滞在することに不満はないと夫は言うけど、彼女からは疲れが見えてきていた。でもそれは息子である夫には見えてない 笑 ついでに我が家に滞在するときに私から出てくる疲れも彼には見えていない。
ほんと迷惑。
実際そのことを本人に伝えているけど1ミリ足りとも伝わらず4年が過ぎてる…というわけでもう4年言い続けてもあまりにも伝わらないしもう離婚したいわとと心底思ったというのが前回の爆発だった。毎回滞在開始直後は一年に一度もことだから(今回は半年に一回だったけど)我慢と思うんだけど、3〜5週間はなかなか長い。私だけホテル泊まるってわけにもいかないし(我が家に滞在の場合は私が抜け出してホテル住まいというのもますますおかしい)もうどうすればいいのかわかりません。
ちなみに周りの国際結婚の人に尋ねると、滞在期間が長いとまず驚かれ、さらに一都市一箇所滞在も珍しいみたいで苦笑いされる。もうイヤ。お金がないわけでもないのに(あるわけでもないけど)なぞ。