夢のある大人

久しぶりの更新にも関わらず、お祝いスターをくださりありがとうございます、嬉しいです!
ーーー
おおよそだけどこの一年、自分の人生や生活をこうしたい、こうなりたいという希望や目標がもてないでいた。
夫は仕事に関連してたくさんの目標があるようだし、3歳の息子は希望と目標しかない毎日。
家族がそんな中、私だけが一日が終わるだけで満足するという毎日…
もはや目標とか希望ってなんだっけ?昔はなんであんなにやりたいことで溢れてたの?と不思議でならないとこまできていた。
こういう状況になったことについて、家族のせいだとは思ってないし事実そうではない。
むしろ夫は「あなたの夢は何ですか?」と鬱陶しいくらいに聞いてくる 笑
それに対して、私に余裕があれば「それがないんだよね。だめだよね、目標がなきゃ。」と素直に言えるんだけど、朝起きたと思ったらもう夜の21時なんて日にそれを聞かれた時にゃあ「ないよそんなもの。夢なんて暇な奴ぁがもつもんだよ」と暴言吐く始末。
あながち間違いでもないかもしれないけど、それじゃあだめ。
現にそういうそういう生活を送っていたら、毎日楽しくなかったもの。不幸でもないけどさ。
そんな中起きた今回の妊娠とつわり。
妊娠は嬉しいけど残り8ヶ月の妊婦生活とその後一年はまた色々できないことが増えるなあ、と覚悟した途端…まあ出てくる出てくるしたいことにこれからのビジョン。
『できない』となると人間したくなるもんですね。
そんな自分が嬉しかったし、一方で愚かだなあと思った。
前回の日記のギリシャスリランカで本場のアーユルヴェーダのほか、死ぬまでに英語とフランス語をしっかりマスターしてどこでも生きていける自分でいたい、とか。あと洋裁極めたい。
というか妊娠中でも語学勉強と洋裁はできるんですが 笑 何はともあれ、夢はないよりあったほうがよいと体感でき、私にとって意味のあったつわり期のようでした。