最終検診

月曜日、最終検診に行ってまいりました。
36w4dなのですが息子は2780gくらい、この時期の体重測定は誤差が大きいとのことだけど予定通りの8日後の出産で問題ない大きさとのこと。
変わりない?という医師の問診に「お腹のハリと下腹部が少しチクチクします…」と言うとまあ週数を考えればそれはあって大丈夫!と軽く流された。で、内診が始まると先生いきなり「おいおいおいおい」と言うので何事かと思えば「4センチ開いてるよ。これは張るし痛いのは陣痛でしょう。チクチクで済む?」て聞かれ「痛みというよりハリの違和感の延長です」と正直に答えた。
私が経産婦ということで先生は少し悩んだけど、
「次、今より強い陣痛が続いたら24時間いつでもいいので電話ください。時間ははからないでいいです。2人目以降なんで今4センチ開いてたら恐らく進むの早いのできてもらいます。まあ10日までもたないだろうなー」
一度家に帰された。
帰されて良かった。
水通し終わってないものもあるし、寝具は手付かず、自分の入院準備すらできていない…
ということで昨日帰ってから今まで、陣痛やらハリやらある中半泣きで準備している。
いつ生まれるか分からないけど、こういう時まで準備不足な自分を嫌悪した。せめて坐骨神経痛になってなければ準備が良い運動になる♪くらいに思えるけど、実際は腰から下が痛くて階段登れないし買い物も行けないしで、悪い妊婦のお手本以外なにものでもない。
明日のパンの材料ホームベーカリーに投入して、後陣痛緩和のためのマッサージブレンドオイルを作って(どれだけ痛みを恐れているのだ…)、茶碗洗おう…普段何ともないことがほどほどの苦行だな。