ショッパイもの

だいたい化粧品やらカバンやら自分なりのハイライト土産を買う他は食料品を買い込むのが楽しみです。

粉末スープ。
フランスにきてまでなぜタイやらベトナムのスープなのってかんじですが、美味しいです。夫曰く「美味しいけど、フランス人が作ったベトナム(またはタイ)の味ってかんじ」
らしいです。
ベトナムにもタイにも行ったことのない私は本場の味は知らないので感想は「美味しい!」。1ユーロちょっと。
野菜のスープも写真に載っているけどとっても美味しかった。またフランスに行ったら買ってこようと思います。

アリッサという、練り状の辛味です。日本にもチューブのからしありますよね?あれの唐辛子版。
クスクスやケバブ料理に一緒に出てくることが多いです。
中国や韓国にある辛子調味料とはまったく味が違う。表現しがたい…日本でモロッコ料理やレバノンチュニジア料理を食べたことがないのでアリッサが添えられてくるかどうか不明ですが、フランスでそれらのレストランに行くと添えられていることが多いポピュラーなもの。カルフールに普通に売ってました。値段は見忘れたけど安かったはず。

なんてことはないマギー、クノールからでているコンソメ。日本のスーパーにも売っててますよね。でも味が違います、フランスのほうが濃いです。しょっぱいのじゃなくて、濃い。
ビーフ、チキン、ベジタブルあたりは普通でしょうが、写真にもあるムトン(マトン)は日本でみたことないかな。味は遠慮なしに、羊!です。羊肉好きの私ですが、料理の内容によっては、このコンソメを使われると正直キツイです。