断捨離と物欲はおともだち

相変わらず断捨離を続けている。
それでも時々どうしても買いたい服なども視覚に入ってくる 笑
そこからは戦いである。
家に帰るなり(ネットショッピングなら画面から離れるなり)断捨離開始。
一心不乱に断捨離。
その時は以前抜粋した「おしゃれというのは、おしゃれな服を着ることではなく、ダサい・似合わない服を着ないという行為」という呪文 笑 で頭の中でいっぱいにして服を整理していく。
するとあら不思議。
買い物をするのと断捨離するのでは正反対の行為なのに、断捨離することで物欲が消滅する。
不思議ついでに、その理由も考えてみると幾つか思い当たる。
断捨離したことがある人は分かると思うけど、捨てるのだって手間も時間もお金もかかるわけで、こんなことなら次に買い物するときは気をつけようと財布の紐も固くなる。
ここまでは分かる。
でももうひとつ。
断捨離をし終わった時の精神状態が、欲しい物を買ってショップ袋をぶら下げて歩いて身に付けて…の一連の行動をするときの精神状態と限りなく等しくなっていることに気づく。
自分の身の回りが整頓される「満足」と、買い物するばどして手に入ったことでの「満足」。「満足」つながりらかしら。