良い暴言/惜しい買い物

5歳になったばかりの長男。
最近叱ると口答えや捨て台詞を言うようになり、こちらも虫の居所が悪い時にそのようにされると幼児相手をはいえムッとなる。
先ほども立ちながらお菓子を食べていたので注意したところ口論(て、ほんと5歳児相手に私何しているんだろう)になったのだが、
「お母さんなんか25歳のくせに!」
と長男は鬼のような血相で私に暴言(のつもり)を吐いた。
私は元気100倍になった。
普段ちゃんと本当の年齢を教えてるのにおかしいなあ(照
ーーーーーーー
そういえば断捨離や買い物する時に骨格診断とパーソナルカラーをかなり意識して数ヶ月、なかなかいい感じである。
しかしこの冬、それらの診断を知る一カ月前にワンピース1着、ニット1着、パンツを4着買ってしまったのです。
結果、サマータイプ、ウェーブ体型としては全部イマイチな買い物をしました。
ワンピースとセーターはプチバトーで購入。
ワンピースはボックスっぽいシルエット。

ウェーブ体型としても丸っきり外してるわけじゃないけど別にこれじゃなくても、というセレクト。
柄物でレトロなのが着たくて買ったけど、色もウィンター寄りですよね、きっと。
ニットはタートルネックのリブ素材。

タイトなシルエットでおそらくストレート体型の人の方が似合う。救いは首元に開閉できる金ボタン(マリンテイスト)があり首元にニュアンスを作れるのでこれまた丸っきりアウトじゃない気もする。
色はネイビーなんだけど多分スプリングタイプのほうが似合うネイビーじゃないかな…
と、微妙な買い物でした。
ワンピースはウエスト部分をお直し、ニットは黒いスリムパンツと綺麗めのエンジニアブーツを合わせたら問題なかったので、沢山着てしまおうと思います。
問題はパンツ。
ウェーブ体型に壊滅的に似合わないローライズ気味オールスター 泣
正確には「股上普通」という説明を受けたけど、自分で履いてみてハイライズまでいかなくともベルト部分が腰骨より上に来ていると確かめてから買うべきだった。
というのも骨格診断する前からローライズ気味だと、元からの短足が余計短足に見えると自分でわかっていたのですから。
なのに店員さんの説明とパンツの太もも以下のシルエットばかりに気を取られてこの有様です。
色々と良い勉強になりました。
ところで春、服より靴選びが大変そう。というのも、就園前の幼児がいるのとリウマチの関係で履けなくなった手持ちの靴はかなり処分したのですが、選べる新しい靴のデザインがかなり限られる。
リウマチでヒール5センチ以上やピンヒール、ポインテッドトゥとは別れです。
となるとスニーカーやバレエシューズ的なデザインばかりになる。どちらも元は好きじゃないアイテムなので残念ですが自分のお気に入りを見つけたいな。