自分の力が及ばぬ場所

絶好調に外は吹雪いてます。食料は買ってあるから大丈夫。
が、精神的に…さすがに断捨離で心を誤魔化せなくなってきた。
数値だけじゃなくて痛みもひどくなってついに生物学的製剤(点滴と自家注射)を使ってリウマチ治療することに。身体の痛みに加え5万7千円の薬代で財布も痛い…
自分を取り巻くもの全てが不調和…
今日の雪や3月から続く寒さも相まってなかなかベビーカーを使えず(私だけではなく、ほんとこの4月はベビーカーで歩いている人ほとんど見ない)身体に無理がかかってきたみたいだ。
もちろん次男のせいで、という意味ではない。
今家族四人でいられるのは私の夢だったから。人生の目標?理想達成の8割は果たせた、それくらい今の状況は満足。
でも身体がついていかない。
なので言ってもしょうがない天気に文句を言ってみる 笑
それにしてもリウマチ患者なのに北国に住んでいる我ながらの謎。
私の主治医はすごく真面目な先生なんだけど(当たり前?)、
「リウマチ患者というのは、お姫様のようにお嬢様のように何もせずー暮らさなきゃいけなんですね。家事はリウマチに良くない動作ばかりです。お嬢様のように過ごしてほしい」
と、すごく真面目に言うわけです。
35歳の…一般家庭の専業主婦が何もしないお嬢様のように暮らす…
もうそれって座敷わらしのほうがまだマシってレベルじゃないですか。座敷わらしは食費かからないし。
病気に向き合うとは難しいなとしみじみ。
とは言え、なんちゃってモンテッソーリ(の教材は面白いです)断捨離や化粧品購入などの楽しみもあって毎日何もないようでやっぱりある毎日。