CHICCAアイシャドウベース(リッドフラッシュ 01 ケーキ) 

f:id:CrazyVoice:20190311204821j:plain:w300 f:id:CrazyVoice:20190311204825j:plain:w300 f:id:CrazyVoice:20190311204829j:plain:w300


使用中のナーズのアイシャドウベース(無色)がなくなったのでキッカで購入。
 
写真は画像修正なし。ケース(白いパッケージに細かいパール、一粒スワロフスキー綺麗)、使用前写真は電球色。腕の内側に試し塗りは蛍光灯。
 
指に取ろうとすると結構固いなという感想。
瞼に載せるとはっきりピンクに色づきました。トーンアップというより、自分の肌色据え置きのまま血色が良くなる仕上がり。これが透明感につながるのでしょうね。
(2019,03,15追記)自分のくすみも巻き込んで綺麗なピンクグラデーションができる。この後アイシャドウを使わずマスカラだけ、アイライナーだけでも十分まとまった仕上がり。
 
目頭オーバーしてそのままクマがあるあたりまでグルっと塗ってみた。こクマは隠れるというより、加齢や疲労からきてるっぼいクマが、やや健康なクマに格上げされた、という印象 笑
 
塗る手順もいくつか試したみたところBBクリームやファンデの前に塗った方が綺麗にクマがカバーされます。たとえば日焼け止め→化粧下地(目の周りのぞく)→このアイシャドウベースを目の周りぐるりと塗る→ファンデを塗る(目の周りのぞく)。
 
キッカのアイシャドウに合わせてみました。サラサラ系のアイシャドウにすごく合う!アイシャドウベースだと思います。
 
2019年3月現在4色展開です。どの色を選ぶか迷いましたね。
 私が目元をメイキャップする目的は透明感一択です。透明感と言えばブルーですよね。
 
以前イプサのコスメを使っていました。肌の悩みは黄ぐすみだったのでブルーのコントロールカラーを購入しようとしました。。美容部員さんは肌診断してみましょうと、いつものように店頭のにあるマシーンを取り出しました。マシーンの診断では私の肌にはピンクのコントロールカラーベースが必要だと出たのです。
 
私はあの手の診断マシーンは信じてないのです。ですので"いや私はくすみが気になるからブルーが必要なんだ"と初志貫徹でブルーを購入。そんな私を見放さないでくださった店員さんは「ピンクも使ってみてください」と試供品をいくつかくださいました。
 
後日ブルーとピンク両方試す。見事私の肌の悩みはすべてピンクが解決してくれました。愚か者ここに在り。
 
というわけで透明感イコールブルーではない可能性についての経験でした。
 
CHICCAキッカ リッドフラッシュ(01 ケーキ)、満足の買い物です。
(2019,03,15追記)アイシャドウベースというより、アイシャドウそのものとしても優秀。
アイシャドウ下地として使う場合はリッドフラッシュ 01そのものピンクが結構出るので後に使えるアイシャドウの色は限られた。ミントグリーンとブラウン系はくすんでダメでした。薄いコーラルは大丈夫。ただしリッドフラッシュをメインに眉下まで広く広げて、二重幅だけハッキリめに色入れるだけだったら何色でもイケる。