義母と再会、ベトナム料理屋へ行く

4月3日。6時に家族全員起床。多少時差ボケがあるのかもしれないが(前の晩は家族全員19時半から21時に就寝)、2時間かけて朝食をとる。朝からフランスの食べ物は美味しいと騒ぎながら食べる私と長男。
午前、私は次男とホテルで食べては寝てと良き半日。長男と夫はリュクサンブール公園に遊びに行きカフェに寄ったらしい。話では公園しか行ってないはずなのにカメラを再生するとカフェでお茶しているのが写っていた…なぜ隠す。
隠し事の多い夫婦です。
11時半頃、ホテルの部屋にて義母と再会。
飲茶を食べに30分歩いて行くも予約していなかったので入れず。夫よ(怒 というのは嘘で運動になってよかった。
札幌は寒くて乳飲子を抱いて散歩することもままならず産後太りがひどい。体重が6kg戻ってないからね。
話戻して。
今日のパリは暑い。正確には暖かい。相変わらずダウンを着ている人もいるけど、体感温度がザ・北国の私はワンピースでも暑くて大汗かきました。
義母が夕飯にと持ってきてくれた具沢山スープとソシソン(乾燥気味のソーセージみたいなやつ 笑 美味しいです)、サラダはラディ(3センチくらいの赤紫のカブ?義母は大根って言っていたけど)、ミニトマトを。デザートはマロンムース。
毎食ミニカブみたいなのとミニ人参(これもまた3センチくらいの人参)とミニトマトを食前に大量摂取している。じゃないとなにもかも美味しくて食べすぎるので臨月の体重に戻ることを阻止すべく野菜で胃をかさ増ししてるのです…
この春は自宅の庭にもミニカブとミニ人参を植えようと決意。
15時頃に一時解散して、18時半に義母と待ち合わせて開店と同時にベトナム料理屋に入る。パリにはベトナム料理屋がたくさんあるけど、私たちはいつもPHO14かバンブーのどちらかにいきます。
フォーを食べたかったけど、次男が抱っこ紐の中で寝てしまったのでボフン(日本語だと違うかもしれない)をオーダー。
長男、食事開始の5分後に寝だすバッドタイミングボーイと化す。1時間でホテルに戻り、20時に次男就寝。
今日はファッションについて色々考えさせられた。
洋服はこっち(フランスでもどこでもいいけど)の人に習うに限るなあと。まあ好みの問題だけどね。
難しいことはなく茶色、黒、ネイビーいずれかをベースに一色差し色コーデするだけで予想以上にまとまるね。分かっちゃいるけど守れないんだな普段。そして下半身デブ(私か)も、モデル級美脚も腰から下はスッキリシンプルで潔く。ボトムスは種類いらない、と。
ファッショニスタからは悪評高いというエドウィンから出ているジャージーズ。この旅行のために2本買ったけど快適。確かに形は良くないかもしれないけど、長時間フライトでも今回の歩き回る旅行でも疲れないしホテルで洗濯するのも普通のデニムよりは軽くて楽。
歩くのが楽なボトムスは姿勢が良くなるから、多少デニムの形は悪くてもプラマイゼロ。とは言え早く痩せて元のデニムも履けるようになんなきゃな。
シャワー浴びて寝ます。
今日は義母とフランス語で話して身が引き締まった。ほどよい緊張感。人は話す言語の数だけ人格も増える気がする。この感覚について夫も同感らしいので私だけじゃないはずだけど…人格選択の余地が増えるということは自由の数も増える幸せなことだと思う。
外国人の夫と結婚してその機会を増やしてもらえたのだからフランス語を上達させないとなあと思いました。結婚7年目にしてようやく自覚するって呆れるw
明日は義兄と食事の予定。