「モナリザ」と「一角獣を抱く貴婦人」


レオナルドの「モナリザ」に強く影響を受けて描かれたラファエロの「一角獣を抱く貴婦人 la Dama con liocorno 」。
先日の『芸術ハカセ』の番組内で初めて知りました。
モナリザを盗作したものか?というセンセーショナルな取り上げ方をされいたけど(実際そうではないかということで有名らしい)、好みで言えば「一角獣を抱く貴婦人」の方にグッときてしまって、ポスターでもなんでもいいから自分のベッドの側にこの絵を置いて、夜の寝る前と朝の起きるときに眺めたいな。
イタリアには秋しか行ったことがないけど、空が絵のような青。クサイこと言うけど、神に祝福された地って言葉がぴったり。もう一度行きたい。
そして元から動物を小脇に抱いた絵が好きなのもあり…
たまに観るテレビ、運んでくる感動が大きい。テレビとはこれくらいの距離感がいい 笑