2日目 那覇の朝食 ベトナムバイク屋台co'm ngon(コムゴン)

ところで今回の旅行記は文章ばかりで写真ほぼないです。
その理由は言うまでもなく、落ち着きない子供達でカメラすら覗く隙がなかった、私はガラケー持ちで気軽に写真を撮れるスマホがない、など。まあ一番の理由は、暑すぎてカメラを持ち上げるのも大変だった、って事情からです。帰ってきてから後悔しましたー、まあ心のシャッターはいっぱい押したよってことで(ベタ

          • -

沖縄滞在二日目。朝食なしの宿泊プランなので外に食べ行きます。8時前でしたがすでに外は暑いです。
夫が行きたいベトナム料理屋さんに徒歩で 笑 行きます。
ところで夫、方向音痴なのにナビ役したがるんです…私と抱っこしてもらえる次男は良いとして歩かなければいけない長男は不満言う言う。言うよね〜
まあこの朝については長男は歩くべきだと思う。言うほど暑くないし水分補給しているし、何より普段は落ち着きなく歩き(走り?)回っているんだからこう言う時だけ文句言うのはダメ。まあ子供にありがちだけどね、無駄に動く割に必要な移動の時はグズる。とにかく私は長男をなだめつつ…が、夫はグズる長男を叱るわけです。
そこで私は怒ったよ。
いや迷ってるのは私達親に非があるのだから、長男に対してはごめんごめんーと軽く宥めるかタクシー乗るかしなさいよ、と。
しかも夫自身が行きたいところに行くというのにこの道で合っているか自信がないため夫自身が不機嫌になっていく。
私、本当こういう人と合わない。
私たちが泊まったホテルは朝食がイマイチというレビューが多かったので、予定では宿泊料金を抑えた代わりに近くのハイアットリージェンシーの朝食ビュッフェに行くはずでした。しかし夫がベトナム料理を食べたいと言うので変更したのです。
自分の行きたい場所に行けるんだから、迷おうが間違えようがせめて気分はワクワク!でいてほしい、行きたい張本人はさ。私もベトナム料理屋好きだからワクワクしてるし 笑 強いて言うなら不機嫌になる権利は子供達にしかないはず。

あ、私たちもう仮面夫婦なんで夫婦喧嘩は長引かないです 笑
で、私はすれ違いざまに地元のマダムに行きたい住所を確認してもらう。今歩いている道で合ってるよ!とのこと。まだまだ歩くらしいが 笑
迷いは消えたしみんな気を取り直して歩こう。
途中壺屋通りを通ります。
ここで開眼。やちむん焼やシーサーに興味なかった私が、ショーウィンドウに並べてあるそれらを見て(開店前)惹かれていったのです。今回の旅行中に絶対にこの道に戻ってくるんだと決意。
ベトナム料理屋には無事到着。
ベトナムバイク屋台co'm ngon(コムゴン)
お店の主人はとても感じが良くリーズナブルなお店でした。店舗は年季入っています。フォーを頼んだ場合はお店の前で食事することになりますがテーブルや椅子も簡易で古いがそこは私の気になる点ではなかった。難があるとしたらお店自体大きな道路に面していて、砂埃ありの車通りの轟音ありの…私たちはバインミー(バゲットに具が挟まってる)2つとフォーを頼んだからお店の前でいただきましたが、次食べることがあればバインミーだけ注文してテイクアウトかな。
でも私はこういうお店好きですね、お店の名前どおり屋台です。特に小さな子供がいたのでカジュアル通り越してワイルドなこのお店は魅力的でした。
長男は食事前、このお店古いけど大丈夫?と私に耳打ちしてくるほどだったのですが 笑 お店の主人の気さくさとワイルドな店構えにリラックスして「素晴らしい店だ」と言ってました 笑
このお店へは自家用車よりは、徒歩かタクシーがオススメです。自家用車できているお客さんが駐車に苦戦していました。
帰りも壺屋通りを通りましたが、今日は沖縄北部へ向かわなければいけないのでホテルへ戻ります。
また徒歩で 笑
帰りの方が10時で暑さが本格的になってきたけど家族で喧嘩せず帰ってきてホテルでシャワー。チェックアウトは12時なのでのんびり良い感じです。
朝ごはん食べる記録まででこんなに長くなった。二日目続きます。