いま家のこと、医療、保険などについて調べるために関連ブログをまわっているのだけど、「〇〇の成功までの道!」というタイトルより「〇〇の失敗の数々」のほうが、読んでいて面白いしタメになるね。成功はひとそれぞれ大きく違うけど失敗は大方同じことが多いものね。
ということで今年一年の失敗の買い物を…
[rakuten:cocolab:10001162:detail]
購入したときは絶賛したマスカラ。けどね…これ一言いうならば贅沢品です。
マスカラってなにげに開封したらしっかり栓をしていても使用期限短くないです?いずれにしろ乾燥が理由なのだと思うけどだんだん付きが悪くなっていく。なので普段から寿命を少しでも伸ばすために目薬1,2滴入れて延命するという作業を棄てるまでに2,3回やってるけど、このマスカラはそれやるとダメみたい。
このマスカラの強みである「長さ」が一切なくなるの。
正確に言えば、塗りたては長さは出るのだけど少しでも風に吹かれたり、自分の髪の毛が触れるとマスカラ塗って長さが出た部分が折れてすごいことになっていた。リピートはなし。ロレアルの白(下地)と赤(マスカラ黒)のいつものやつに戻りました。長さと太さはなかなか出るよ。なぜかアジア圏でしか売ってない(免税店も)けど。ただこれ、艶がないから我慢できなくってきてそろそろ他を探す時がきた。
あとシートパック全般、というより化粧水全般。この話はまた今度。

                      • -

ここ数年はなんだかんだ日本薬局方で冒険するの楽しかったな。変わらず使っている御三家みたいのがあって、

スクラブ系洗顔は確かに肌がツルツルになるから週に1,2回使用するのを止めれなかったけど、同じ効果を得られるみたいで始めたのがきっかけ。
洗顔泡立て→小さじ1程度の炭酸水素ナトリウム→泡とやさしく混ぜる→顔に載せる
決して肌の上でこすらない。それでも不思議と肌のザラつきが消えます。いわゆる重曹と呼ばれているものだけど、これを使ったから肌が劇的にキレイというより、市販のピーリング剤の代用として「こすらなくてもザラつきが取れる」効果のみ評価して使ってます。
フランスでも使っていて、塩が売ってるところか小麦粉が売ってる場所にありました。BICARBONATE DE SODIUM、小箱に入って2ユーロくらい。不思議と製菓材料のとこにはない。掃除道具の場所に置いてある重曹はやめときました。一体何回リピートしたのか。HITACHIのハダクリエを使用後サッと拭いたり、夜入浴したときは翌朝の洗顔は精製水を含ませたコットンで拭くだけにしたりなど何かと重宝。これも精製水を使ったから肌質改善とかではないけど、あると便利といったところ。いつも買うときになんでオリーブ油じゃなくてオリブ油なのか、その差別化が気になるまま調べもせずにオリブ油。絶対切らさないわけではない。オイル系のボディケア商品を買ったときに香りを薄めるときに使ってます。一応オーガニック系のオイル系ボディケアブランドを使うことが多くて、アロマテラピーのオイルでもベースのオイルがホホバ×オリーブとかあるから混ぜても大丈夫なはず?