妊娠9ヶ月。以後マタニティ用品を買い足す予定もないので買って良かったものをあらためて書き出し。
妊娠初期(つわり真っ最中)が夏8月〜妊娠中期(いわゆる安定期)が秋10月から年末12月にかけて〜妊娠後期が年初めから3月というサンプル。
■餅は餅屋のマタニティタイツ(ストッキング)
4ヶ月秋口に購入。実際の身体のサイズの変化は妊娠6ヶ月までななかったと記憶しているが、問題はつわりの存在だった。腹部を少しでも圧迫されようものなら、その下着や服やらがつわり応援団みたいな形で私のつわりライフをより派手なものにとけしかけていった。
ということで、正直マタニティ服だのなんだのというより個人的には、マタニティ下着とその周辺用品で散財した。
このご時世、探せば安くて良いものはわんさかあるのだろうけど失敗すると後がないので(着倒そうと思ってもくるべき妊娠周期にサイズアウトすることも考えられるので)割高商品満載のワコールで濁す。結果的には失敗はなかったので、餅は餅屋だなあと感心はした。

なんの変哲もない黒ストキングやらタイツ(ストライプ)に1800〜2千円かけるなんて普段じゃ考えられないけど、
・太ももから腹部にかけてのやさしさが通常サイズのストッキング類やそこらへんのマタニティストッキングと一線を画していた
と、ここに記す。
■前にも書いたけどマタニティ服はワンピースのみ
[rakuten:sweet-mommy:10002396:detail]
[rakuten:sweet-mommy:10002709:detail]
実際持ってるものと柄違い(廃盤)だけどそれぞれ同サイズ・デザインものをもっている。マタニティ服はこの店のものばかり集まってしまった…授乳口については特にこだわって選んでいない、試しようがないので。なるべく産後も使えるデザインがいいなという希望はあった。どれも身体にフィットするデザインだから妊娠初期から後期まで常にほどよくジャストサイズで着ることでができ、本人としては数枚のマタニティ服で普段どおり満足できたな、と。
そして家用に4ヶ月(9月くらい?)頃、現行の無印の『綿天竺産後もはける七分丈パンツ マタニティ・M−L・ブラウン』に似たものを購入し妊娠後期の現在まで重宝している。秋・冬に入る頃の購入だったのでズボン丈はロングでした。色はグレーと黒を持っているけど、どちらも
・裏返し+ネットに入れて洗濯機の普通洗いをでハードに使用・洗濯を繰り返しているが、目立った生地の傷み、色落ちもなく優秀
確かロング丈は3980円くらいでした。
■流れ買った産前産後下着
これまた4ヶ月のときにノリで試着すると(下着の買い替えを急ぐ必要もない時期)みぞおちのあたりの負担がなくなりその場でつわりの気配が軽くなったという理由から購入。
ちなみに同じ理由で、マタニティ用の腹部部分が長めのショーツもこのとき6,7着まとめて追加購入したけど、それまでもっていた赤ちゃん本舗で買ったマタニティショーツよりウエストのゴムや生地の当たりが心地良くてストレスが減った。なんで私こんなにワコールワッショイなのか分かんないけど取り敢えず事実です。
[rakuten:shop-as:10011260:detail]
[rakuten:shop-as:10009822:detail]
・産前産後も使用可能を謳っているだけあってこれまた妊娠初期から後期まで快適に使えた
授乳可能機能付きのものはガンダムのようにカップ部分が割れてたりするのだが、これは単純にカップ部分の折り曲げ自由自在という仕組み。
・ほどよくホールド、ほどよく締め付けないという絶妙なブラでした。
[rakuten:ishop-beauty:10002053:detail]
あれ、これも持ってるけど説明が産前になっている。けど素材は上2つと特に変わらない気もするが…こちらのほうがデザインがシンプルだけどより苦しくなくて好き。

■藁にもすがりたい腹帯
腹帯については近年その装着について意味あるなしが問われているけど丁度安産祈願時期を目前にして切迫流産になったためか
・腹帯でもなんでもいいからすがれるものにはすべてすがりたいという気持ちから”腹帯?するに決まってる”の一択
入院中であったため母親に頼み、物も物のため何着も要るものでもないので、
[rakuten:out-liberty-h:10000501:detail]
ひとつしか試しておらず比べようがないのだが、
・秋〜冬には保温にも丁度良かった
あまりにも快適で毎日装着していたので2着買い足したほど。
これまた最初こそはデリケート洗いで手厚く扱っていたけど、生地が厚いので脱水がきちんとかかってないと乾くのも遅く最後はやはり
・ネット+普通洗いで手荒く扱っていたが生地は痛まず、気にかかる生地の伸びもなく(生地の伸びの早さ以上に自分のお腹が成長しているからかもしれないけど)腹帯ならではのホールド力を保ち続け、使用期間限定アイテムとしては十分、信用できる優秀さ。
自己満足にすぎないが、腹帯を少しサボると出ベソになりそうな傾向がうかがえるので、
・出ベソ防止、又は出ヘソ現象遅滞のためにも気休めとして?毎日装着している。
加えて、
・妊娠線防止クリームを塗布後に腹帯を巻くと、保温効果と相まってクリームの保湿効果も長持ちしている気がする(肌が柔らかい)
しかし後期〜臨月には外したほうが良いということも聞いたのでそろそろお別れのときがきたかもしれない。しかし外出のときは腹帯がないととてもじゃないが重みに耐えられないのでそのときはよろしく。
と、個人的には本来の腹帯の役割以上のことを期待して装着してるのであった。
■最強サポート、次もよろしく
今まで挙げてきたものは”うん、良かったよ”くらいなのだけど、”絶対これじゃなかったら、代えがない”というアイテムがひとつあった。
[rakuten:i-may:10001367:detail]
妊娠中・産後のガードル・ベルト類には注意しろと周りから再三言われた。
そしてちょっと調べてこれを買ってみたのだけど、とーっても腰やお腹が楽になって助かりました。ちょっとした外出には腹帯、長時間の外出にはこれを使っていた。
適当な場所にお腹を支えるテープが横に走ってるタイプではなく、
・マジックテープで支えの強さ・位置を自分の好きなように設置できるストレッチテープがあるので、それを伸ばしたり上げたりして調整できるタイプのサポートパンツ。
もしまた妊娠するときがあり仕事などをもっていれば毎日の必需品にすると思う。これをつけているととても動きやすく快適。
生地の伸びが意外に良いので大きめを自己判断で買うより、プロの試着する人と相談して買うと良いと思います。