第二子出産予定

11月に子供が生まれる予定です。
忘れないうちに経過を記録しておこうと思います。
4月からブログを活性化するぞ!と意気込む3月下旬に妊娠判明。検査薬を試した日の午後からつわりが本格活性化。
マインドコントロールされやすすぎである。
つわりは2人目のほうが重いものと聞かされていたけど、一人目のほうがつらかったかな。
前回はすべてが初めてで、つわりの他に妊娠初期特有の不安を真正面から受け止めてしまったので苦行でしかなかった。
それに比べて今回はある程度予測を立てられたのと、初期は不安がっても仕方がないと現実逃避すら試みていたのでどうにか乗り越えられた。
「2番目の子が高学年になったら、サントリーニ島(ギリシャエーゲ海にありハネムーンで有名らしい)で10日間くらい一人旅するんだ」
アーユルヴェーダを極めよう。産後、札幌にあるアーユルヴェーダのマッサージに行き、2番目の子が高学年になったらスリランカに行って本格的なアーユルヴェーダ病院に行って私の持病の治療をうけてみるんだ」
2つ目の現実逃避先が30代っぽい健康志向が見え隠れしており、全く現実から逃避できてないが…
それにしても今回のつわり期間中の夫婦関係は結婚生活6年の中で最悪な状態であった。
熟年離婚を心に誓ったところから始まり、数週間後には十数年も待つ必要はない今すぐ離婚だと思った。そしてある日私は爆発し、家中に物を飛ばし最後家具まで投げ飛ばした。
そこから平穏な生活が始まった。 謎
詳細は愚痴にしかならないし、誰が悪いかなど野暮なことなので書きません…いや本当はどっちが悪いんだろう? 笑
気を取り直して。
これから中期の楽しみは家でするヨガです。
前回購入した大好きなDVD。

マタニティ・ヨガLesson―DVD付

マタニティ・ヨガLesson―DVD付

私がつわりで半泣きの数ヶ月間に息子は幼稚園に入り(11月からプレのようなものに入っていたが)、情緒の面でとても成長が見られた。
私が嘔吐して弱気になって、お母さん苦しい…もうダメだ、と弱音を吐いてると、
「赤ちゃんがお腹にいるんだから、仕方ない」
ともっともな返答を息子にされてしまった。
そうかと思えば突然「赤ちゃんだめ!」と否定するので理由を聞くと「僕のママだから、赤ちゃんのママはダメ!」と宣言したり、小声で「悪い言葉言っていって良い?」と聞いてくるので、何?良いよ。と言うと「赤ちゃん向こうへ行って」など悪態をついたりもしていた。
機嫌の良い時はアクロバティックなポーズをして「これ(このポーズ)、赤ちゃん(が見て)何て言っている?」と聞いてくるので、お兄ちゃんかっこいい、赤ちゃんもやりたいって言ってるよ!と伝えると「小さいからだめ。3歳になったらやってもいいよ」と勝手に兄貴風を吹かせたりしている。
そして今までは息子にかわいい!とよく言っていたのだが、ある日突然「違う違う、かっこいい」と息子に訂正された 笑
何でかわいいはだめなのと聞いたら「かわいい、は赤ちゃんだから。お兄さんは、かっこいい」という説明を受けた。
3歳児は行動や発言がダイナミックかつファンシーで参る。