私の物はどこに置くの?

断捨離したのち、選ば抜かれた物はどこに置くのか?が課題になる。
私がミニマリストを目指す理由は「掃除が簡単にできるようになりたい」から。そのために「部屋が雑然としていない」ことが必然となる。
そこで参考になるのが収納・整理整頓ブログ。
物の置き場所選択の鉄則は、

その物を使いたい部屋・場所に置くこと

とのこと。
ただし注意点があり、極力避けた方が良い部屋があるそうで、

リビングと玄関

が挙げられている。
なるほど。
リビングは他の部屋にくらべて広いので物理的に物の置き場所にする事が可能で、かつ1日を通して必ず通る部屋なので物の置き場所にできたら便利である。
だからと言って家族みんなで物を置き始めるとキリがなく、行く末は雑然とした部屋化しますよね。
逆に玄関は狭いスペースなので、少しの物が置いてあっても雑然として見えがち。そして一般家庭の来客の9割は玄関までしか入ってこないと何かで読んだ記憶。そんな玄関が雑然としていたらお客様に散らかった家だと思われますよね、そんなの悲しい。

そんなリビングと玄関を雑然とさせないために、

リビングと玄関には、私物を置かないこと

が大事らしいです。
私の私物…化粧品ボックス置いていた 汗
リビングで子供達を見ながら化粧するので、化粧品を使う場所=リビングに置いていた。でも毎日化粧するわけではないし、したとしても1日1回。
リビングに置いておければ最適だけど、リビングの収納場所は限られている。
幸いなことに私の寝室は1階リビング横の和室なのでそこに置けば移動も手間ではないしリビングの物が減るので一石二鳥。
玄関は途中だった家族分の靴の断捨離をしよう。そして毎日帰宅後に夫がコートや手袋の脱ぎっぱなしにすることを解消する方法を考える必要がある。
夫の仕事部屋(兼仕事用のコート・衣類クローゼット)は玄関廊下横(かつリビングにつながっているベストポジション)なのでコートや手袋の収納場所は彼の仕事部屋そこから変更するわけにはいかないし整理整頓の動線としてはベストだと思う。
それでも玄関で脱ぎ散らかしてしまうのは、恐らく部屋まで持っていたところで、

「ハンガーにかける」「部屋干しする」「クローゼットにかける」の3ステップが面倒

というとこに問題点がありそう。
該当の部屋には大きなクローゼットがあるのに、と渋っていたが部屋に置けるコート掛けを買うことに今決めた 笑
うん、文章化するとやはり違うな〜
だからブログは止められない!